建売と注文住宅の違い

 

建売住宅は区画された土地であらかじめその土地に合わせて計画されたプランに従って同じものを建てたり、少し違うプランのものを建てて行って販売するものを言います。従って施工者の方では建築材料や設備機器をまとめて購入することができるので工事の原価が安上がりとなり、販売価格もそれに従って安く販売できるようになっています。

 

建売住宅は土地付きの建物の購入となり、開発業者が一段の団地などを手掛ける場合は全体的な配置、道路の整備、浄化槽計画、植栽、公園、街並みの統一感などが配慮されて建てられるようになっています。

 

一方注文住宅はあらかじめ土地を持っていてそこに建てる場合、あるいは土地を購入してからそこに建てる場合があり、その家族の要望に基づいて細やかな打ち合わせを行いながらプランを練って行くものです。

 

従って工務店というよりも建築設計事務所のようなところに依頼する場合が多いものです。

 

中には建築設計事務所と工務店を兼ねている会社もあります。

 

工務店は間取りが決まったらあとは任せるようなところが多いものですが、建築設計事務所の場合は機能性やプランと同時に外観デザインにも拘り、法規に沿ってアイデアも取り入れた家造りを行うことが出来ます。

 

建売住宅と注文住宅の違いは既製品を購入するかオーダー品を注文するかということで既製品は最初から価格が判っていて、自分で確かめて購入できますが、注文住宅は出来上がるまでは形が掴みにくいという面を持ちます。

 

建売住宅は地鎮祭や棟上げ、完成式のような式典が省かれるので接待などの心配をしなくて済みます。