工務店の注文住宅のメリットとデメリット

 

 

注文住宅はハウスメーカーだけではなく工務店に依頼することもできますが、
メリットもあればデメリットもあるので、実際に依頼する前によく検討しておくことが大事になってきます。

 

まず、コストに関しては、住宅を依頼する工務店は管理コストが安い小さな会社が多いので、
原価なみの費用で住宅を建てることができるというメリットがあります。

 

また、期間についても建築家で建てる家ほど長期になることはないので、
仮住まいに支払う費用も抑えることができます。

 

デメリット

 

デメリットとしては、購入して住宅を建てる場合は、
工務店では土地の欠点をすべてカバーすることができない可能性があるので、条件のよい土地を用意する必要が出てくることがあり、コストが多くかかってしまう場合もあります。

 

次に、設計については、ハウスメーカーと違い、工務店では予算や法令以外は特別な制限がありませんから、自由に住宅を設計し、依頼することができます。

 

デメリットとしては、デザインが自由といっても、デザインを専業としている建築家よりは設計の部分では劣る可能性があるということです。

 

ローンについては、工務店の場合は、スムーズにローンを組みやすいというメリットがあります。

 

これは、昔から銀行と協働関係にあることが多いということが理由となっています。

 

ただし、最近では工務店であっても、個人の信用の方が重視される傾向にありますから、
ローンを組めるかどうかは本人の信用度ということになってきます。